熱帯魚の通販・ショップ・飼い方など。熱帯魚を飼いたいっ!!と思っている方へ。

熱帯魚の通販・ショップ・飼い方など。 ディスカスやエンゼルフィッシュ・グッピーをはじめ、 熱帯魚を飼いたいっ!!と思っている方へ。

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱帯魚を飼育のための照明器具




インテリアとしての水槽なら中が見えなくては意味がありません。
そこで照明を設置すると水槽の中が綺麗に見えるのです。
また、熱帯魚というのはずっと暗い場所にいると体の色が段々と薄暗くなってしまいます。
その為にも照明で光つける必要があるのです。
また、水草を育成すのにも、光が無くてはならないのです。
熱帯魚照明器具を使用するなら、水槽用の蛍光灯水槽の上にのせる)がベストです。
なぜかと言うとこの蛍光灯は、水槽に設置しやすいように出来ていますし、
ヒーター等のコンセントをさせるような仕組みになっています。
水槽用の蛍光灯には、15W~30Wまで各サイズがあります。
最近、普及されているのが蛍光管を2灯つくタイプです。
こちらは、水草を育成するのにも最適といえます。
また、より一層熱帯魚をきれいに見せてくれます。
最近ではいろいろな種類の照明が販売されています。
自分の用途に合わせた水槽用の照明を選んでください。

■注意点
熱帯魚には光が必要だからといって24時間照明をつけっぱなしにすると熱帯魚が寝れなくなってしまいます。理想としては毎日同じ時間に照明を点灯し、同じ時間に消灯するのが望ましい。
目安としては照明を照らす時間は、毎日10時間程度が良いと思います。
毎日の仕事等で不規則になってしまう方はタイマーで時間を設定し、その通りに点灯消灯してくれるものもあるので、それを購入するのも一つの手です。
光が必要だからといって直射日光はよくありません。
直射日光だと、光が強すぎるためにコケが生えやすくなります。
また真夏になると急激に水温が上がる可能性もあり、熱帯魚には大変危険です。




スポンサーサイト

熱帯魚が病気になる理由




病気になる理由
熱帯魚を飼育していると、一回は必ず熱帯魚病気に遭遇する事と思います。
熱帯魚病気なるのには理由があります。
初めて熱帯魚の飼育をする人には、水槽の水を安定させる事になれていないため、
病気になり易い状況を作っているのかもしれません。

水質
その熱帯魚水質にあっていないと病気になり易い。
たとえば、弱酸性を好む熱帯魚アルカリ性の水で飼育していると病気になりやすいということです。
また逆に、弱アルカリ性を好む熱帯魚に酸性の水で飼育する事が病気の原因にもなります。
また水の硬度がその熱帯魚に合ってないと病気の原因になるといえます。

・温度
水槽内の水温が極端に低い場合、または高い場合も病気の原因になります。
急激な温度の変化は熱帯魚にとっては良くないです。

・水の汚れ
エサの食べ残しや熱帯魚の死骸なども水質が悪くなる原因の一つなので、
そのことも病気の原因になります。

・新しい熱帯魚
知り合いから譲り受けた熱帯魚、またはショップで買ってきた熱帯魚が病気だった場合で、
自分の水槽にその病気の熱帯魚を入れてしまうことで他の熱帯魚も病気になる可能性がでてきます。
それらを貰わない、買わないように、病気である熱帯魚を認識できる知識を学んでいきましょう。

・外部的要因
自然の川などから拾ってきた石や水草などは、細菌が付いている場合があり、
熱帯魚に感染してしまうと病気になります。
なるべくなら外で採取をしない方がいいのですが、もし採取するのなら良く洗ってから、
別の容器に入れて、様子をしばらく見てから水槽に入れる事をおすすめします。

他にも、水槽の近くで殺虫剤やバルサンなどの様なものを使うと熱帯魚が死んでしまう可能性もあります。



HomeNext ≫

カテゴリー

最近の記事

Add to your Favorlit.

はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

  • seo

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。